ストレスは女性ホルモンを減少させてしまう?

 

ストレス

今では女性も働くことが増えてきていますが、現代は非常にストレスがたまりやすいとも言われています。

 

ストレスは女性ホルモンを減少させてしまう要因とも呼ばれていますが、女性ホルモンが減少すると色々な問題が引き起こされやすいですが、抜け毛など髪のトラブルなどにもつながりやすいです。

 

女性ホルモンがストレスで減少しやすいのも活性酸素なども多く発生させやすいというのもありますし、自律神経にも影響を与えやすくなります。

 

血行に加えて血管も硬くなりやすいという風に繋がり易かったりします。

 

女性ホルモンは視床下部で分泌の命令を下しています。自律神経のバランスを保っているのも視床下部なので、密接に関係してきてしまいます。

 

女性ホルモンが抜け毛や薄毛に関係してきやすい理由としては減少するとコラーゲンの生成が低下していきます。

 

閉経後には男性よりも女性の方が骨粗しょう症のリスクが高いのも女性ホルモンの影響が大きく関係してきています。

 

肌の弾力性などにも関係してくるので頭皮が乾燥したりして弾力性がなくなることで頭皮の血行が悪くなり薄毛に繋がっていきやすいです。

 

 

 

 

 

女性ホルモンが減少すると薄毛のリスクが高まる? おすすめサイト

女性ホルモン